Studio White Balance ライフオーガナイザーかわさき真知

50代、子どもを引きこもりにする前に

 

自分亡きあと、子どもが引きこもりのまま生きて行けるのか?そんな相談が
15年前からあるという記事。

豊かな日本だからこそのことだと思った
ライフオーガナイザーかわさき真知です

子どもといってもすでに40代、20代の時から引きこもっている。
政府の引きこもり対策から20年、数十万人が引きこもっていると言われている日本。

切ないですね。年老いたご両親の気持ちを考えると本当に胸が痛みます。
本人もお辛いのだと思います。今更・・・ってなかなか勇気を出して外に出れるわけも
ありません。人の目がどうしてもありますから。「今まで何していたの?」
コミュニケーションの中では必ず聞かれることです。

ライフオーガナイザー的 世界で一番帰りたくなる家  50代からのあきらめない片づけ術-image.jpeg



私たちに何できるのでしょうか?

お子さんが引きこもり期に突入した時からさかのぼること20年、生育環境や子育ての
やり方やいろんな原因があるにしても、引きこもって数十年からでは社会復帰はなかなか厳しい
のかもしれません。

連載がこれからA新聞で始まるので関心を持っています。

ママカフェでは
子どもの自立と親子の絆を大事にしています。
選択理論でもグラッサー博士は
予防の大切さを書いていました。

今出来ること、
今やれること、
人との関わりの中で当たり前のことを
やって行かなければいけないのだと思いました。
いつからでも遅くはありません。気がついただけすごいことなのです。

今が未来を作っています。
それを意識して生きて行きます。

いつもお読みくださってありがとうございます。
ニュースレターは9時に発刊します♪

え?ご飯茶碗を割った母・・・!!!が出てきます。恥。

今日も素敵な1日を!

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村